ホットヨガがダイエットに向く理由とは

健康志向の高まりにより体に余分に蓄積している脂肪は健康を害するものとして認知されることにより、年齢性別問わずに余分にたまった脂肪を溶かし元の体型に戻すことを目的としたダイエットを行う人が増えています。一般的なダイエットは食事改善を行うことが主流ですが、実際には食事改善だけでは不十分です。食事改善は余分な栄養を摂取せずに体質改善を促す栄養分だけをとることで脂肪の蓄積を防ぐやり方ですが、しかし食事改善は現在の状況から悪化することを防ぐことが目的でそれ以前の体の中に残っている物質の消化には至らないのです。そこで役に立つのが食事改善と一緒に行う運動療法であり、その運動療法の中でも近年注目を浴びているのがインドを中心とした西アジア地域の民間療法であるヨガです。

脂肪を燃やすヨガの効果は呼吸にある

ヨガとはインドを中心とした西アジア地域の民間療法で、様々な技法がありますが基本的な方法はゆっくりと口で息を吸いながら体を柔らかくする柔軟体操を行い、そして柔軟体操の最中に吸った息を5秒かけて吐くということ繰り返す動作をします。なぜヨガが効果があるのかというと、この動作で重要な要素である息を吸って吐くという部分です。体内にはもともと余分な栄養素などを排出する機能が備わっているのですが、その一つが静脈やリンパ節といったポンプの役割を担っているものです。しかしポンプは押し出すためのものですが、自分の力で動くことができない性質を持っています。そこで運動とともに大きく深呼吸をすることによって、この自身の力では動くことのできない静脈やリンパ節を動かすことになり老廃物を押し出してくれます。

ヨガの効果をより引き上げるホットヨガ

ヨガの効果は人間が本来備わっている老廃物を外に出す機能を促進することがの目的ですが、そのヨガにさらに高い効果を発揮させる付加価値を付けたのがホットヨガです。ホットヨガは汗を吸うための吸水性の高い服を着た後に、通常の室温よりも平均で35度から38度に湿度と室温を上げた部屋でヨガを行うものです。ヨガはもともと体に備わっている毒素排出機能を戻すことで体質改善を促すことが目的ですが、それでは体に蓄積してしまった脂肪を燃やす部分までには時間がかかってしまいます。そこで35度から38度の室温と湿度の部屋でヨガを行うことによって、35度から38度は体内の細胞が安定して動くのに最適が温度となっています。その温度と湿度設定の中で軽い運動を繰り返すことで、毒素を排出するだけでなく細胞の代謝速度を上げることで脂肪が燃えやすくなるのでより高い効果を発揮します。